Integral

レーガノミクス
  • 1980年代のアメリカ合衆国 レーガン政権下で実施された経済政策。
  • 呪術的な経済政策であるとして、ブードゥーエコノミスクと揶揄された。
  • 高い経済成長により税収が増え赤字が削減される事を期待したが、結果的には、双子の赤字(財政赤字・貿易赤字)が急拡大した。
  • 安倍政権の「上げ潮政策」はこのレーガノミクスをモデルにしたものと言われる。週刊ダイヤモンド(2007.01.13号)では巻頭言の「プリズム」で、安倍政権の経済政策をブードゥーアベノミクスと揶揄している。

政策内容

  • 企業減税:投資拡大・生産性向上を意図したが、目論見は外れた。
  • 歳出削減
  • 規制緩和