Integral

不正な名前のファイルを削除する

概略

  • 以下のファイルはWindowsでは不正な名前として扱われ、ファイル名に指定してコマンドを実行してもキャンセルされる。
    • ピリオドで終わるファイル名を持つファイル
    • 予約デバイス
    • PRN, PRN1, .
    • LPT, LPT1, ..
    • COM, COM1, …
  • これらのファイルを削除するためには、特殊なファイルパスの記述方法を用いる必要がある。

削除方法

  • delコマンドで、ファイル名を「\\?\ドライブ名\パス名\ファイル名」のようにキーワード「\\?\」+「ドライブ名からの絶対パス」で指定する。
  • ¥記号またはバックスラッシュ(\)のいずれでも良いが、日本語環境では¥記号となる。
 C:\WORK>del \\?\d:\work\abc..  ……特殊な表記を使って削除する
 C:\WORK>del "\\?\d:\work\con"  ……引用符で囲んでもよい
 C:\WORK>del "\\?\d:\work\lpt1"

参考