Integral

武蔵野操車場

概略

  • 現在は、商業施設として再開発が計画されており、区画の一部に「ららぽーと新三郷」、「IKEA新三郷」が開業する予定。

沿革

  • 1973年 武蔵野線開通。
  • 1974年10月01日 武蔵野線開通の1年半後に武蔵野線吉川駅と三郷駅の間に操車場として設置される。
    • 全長5.2km、最大幅約350m
    • 人手を使わない最新鋭のシステムとなっていた。
    • 当時は、コンテナ単位の輸送ではなく貨車単位の輸送だったため、この貨車の組み換えに広大な場所と多大な時間・労力・費用が必要だったという。
  • 1984年02月01日 国鉄の経営悪化、トラック輸送の普及による貨物輸送量の減少などの理由により、武蔵野操車場が廃止される。
  • 跡地は現国鉄清算事業本部に引き継がれたが、跡地の開発は進まなかった。
  • 1985年 沿線人口の増加により、三郷駅と吉川駅との間に新三郷駅が開業。
    • 旧武蔵野操車場をはさんで上り線(府中本町方面)ホームと下り線(西船橋方面)ホームが作られたため、両ホーム間の距離が約350mも離れており、ギネスブックにも掲載されたとのこと。
  • 1999年 上りホームが下りホーム側に移動し、この記録は消えた。
  • 2007年 跡地に大規模商業施設がオープン予定。

情報源