Integral

津田沼駅南口再開発

tsudanuma.jpg

概略

  • JR津田沼駅南口の近傍に36haの農地が存在する。
  • 東京駅~千葉駅間のJR総武線の沿線では唯一の大規模農地と言われる。
  • 完成すると約7,000人規模の街となる。
  • 港北ニュータウン(神奈川県横浜市都筑区)をモデルにしていると言われる。
  • 過去には、テーマパークを誘致する計画やスポーツ施設を建造する計画があったとのこと。

利用計画

  • 都市生活拠点ゾーン
    • JR津田沼駅に最も近いゾーン:商業施設、サービス施設
    • イトーヨーカドー系の中型スーパーが入居することが決まっているとの噂がある。
  • 都市型居住ゾーン
    • 2番目に近いゾーン:超高層マンション2棟と中層マンション
  • 共生型居住ゾーン
    • 3番目に近いゾーン:中層住宅と低層住宅・集合農地・新しい消防署など

再開発の歩み

  • 2002年(平成14年)11月30日 地権者200人によりJR津田沼駅南口土地区画整理組合の設立準備会が発足。
  • 2007年1月 千葉県都市計画審議会で、農地転用を含めたされた新しい都市計画を決定予定。
  • 2007年4月以降 千葉県に対し事業の認可申請を実施予定。
  • 2007年夏頃 「JR津田沼駅南口土地区画整理組合」(仮称)を設立予定。

調達計画

資金

  • 土地区画整理事業の総事業費:約150億円
    • 土地の10%の売却により約68億円(45%)を調達。
    • 国・千葉県・習志野市から約82億円(55%)の補助金を調達。

土地等現物

  • 道路・大規模公園用地:25%の土地を地権者から提供を受ける。

関連サイト