Integral

貸金業法

概要

  • 2007年4月にも施行が予想される法律。主に消費者金融機関を対象としている。
  • 内容は以下の三つが主たるもの。
    1. グレーゾーン金利の廃止に伴う貸付金利の引き下げ。
    2. 過剰貸付の禁止(年収の3分の1を上限とする)
    3. 指定信用情報機関の設立
  • 「過剰貸付の禁止」により現在2番手、3番手として貸し付けていた業者は、貸付が行えなくなる可能性が大きい。従って、一番最初に融資を申し込む顧客(「ファーストコール」)以外の顧客には貸し出せなくなるため、ファーストコールの比率が大きい金融機関が圧倒的に有利となる。