Integral

Audio Visual

プラズマディスプレイ

ならし運転

  • 【日経新聞IT-PLUS】より
    プラズマの蛍光体(特に青色)は使いはじめから1000時間前後までは化学的な劣化が大きいため、画面の一部分だけに画像を表示し続けると(=4:3の画像である地上波テレビばかりを表示し続けるなど)焼き付きが発生する恐れがある。1000時間を過ぎると安定し始める。
    つまり購入してから約1年間(1日平均3時間使用)は、全画面に映像を表示させることで、焼きつきの問題が解消できる。