Integral

Brown Trout

概略

  • 分類:サケ目サケ科
  • 別名:茶マス、ジャーマンブラウン
  • 原産:ヨーロッパ
  • アメリカからカワマスが移入された際、混入した。

生息域

  • 繁殖域:中禅寺湖、上高地の明神池、本栖湖など
  • 拡大中:【本州】黒部川流域など山間部のダム湖 【北海道】石狩川水系、新冠川水系、静内川水系、千歳川、糠平湖、支笏湖、洞爺湖など

生態

  • 産卵は秋から初冬にかけて行われる。冷水域に棲み、成長が早いところはニジマスと似ているが、それよりはるかに水温の低いところを好む。水温の上昇する夏は湖の深みに潜み、秋口、川に昇りはじめるころが群れもまとまる。
  • かつては陸封型とされていたが、ヨーロッパではサケのように海に降って再度遡上してくるものも見られ、これらはブラウントラウトと区別してシートラウトと呼ばれる。

釣り客に対して

  • 釣り客は産卵を終えた後の春か、秋に川の昇るため群れ始める秋に釣りの対象とする。
  • 棲息域は冷たくて水のきれいな湖や河川の緩流域の砂礫底。食性はきわめて貪欲で大型の魚も捕食するため野性味にあふれ、狡猾でエキサイティングな魅力を秘めているのでマニアックなファンが多い。餌釣りもあるがルアーやフライで盛んにチャレンジされる。

体長

  • 通常のターゲットは体長40㎝前後が多いが中には80㎝を超す大型も記録され、原産地では1m超、20㎏オーバーという大物も確認されている。

関連サイト