Integral

COSO
  • 不正な財務報告をなくすために調査研究をしようという目的で、民間5団体(団体名は不明:-/)が発足させた「トレッドウェイ委員会」を引き継いで作られた委員会の名称。
  • 1992年に内部統制に関する体系だったレポートをまとめた。

COSOによる内部統制の枠組み

  • 6つの基本的要素 と 4つの目的 と 企業の業務を掛け合わせた六面体のモデルで表されることが多い。

6つの基本的要素

  1. 統制環境
  2. リスクの評価と対応
  3. 統制活動
  4. 情報と伝達
  5. モニタリング
  6. ITへの対応

4つの目的

  1. 業務の有効性・効率性
  2. 財務報告の信頼性
  3. 法令順守
  4. 資産の保全