Integral

PASMO

概略

  • 首都圏を中心とした関東の私鉄やバスで利用できる非接触IC乗車券

機能

  1. 乗車券
  2. 定期券
    • 記名PASMOの定期券機能は、鉄道・バスの両方に対応。両方の定期券を1枚のカードに入れられる。
    • 無記名PASMOの定期券機能は、バス定期券としてのみ利用可能。(バス定期券は開始当初、東京都交通局からのみ発売される)
  3. 電子マネー機能
  4. 携帯電話向けサービスについては「現時点ではまだ具体的な検討に入っていない」(2006年12月22日現在)
  5. Suicaとの相互利用が可能(モバイルSuicaでPASMO対応の改札や店舗が利用可)
  6. ポイントサービス
    • 1カ月間の利用額に応じてポイントが貯まる。
    • ポイントは、各バス事業者が個々に設定する。
    • 1,000ポイントごとに自動的に「特典バスチケット」が付与される。この特典バスチケットは、次にバス(バス特適用車両のみ)を利用する際、自動的に運賃として使われる。特典バスチケットは10年間有効。
  7. PASMO履歴照会サービス
    • 2007年03月19日から提供開始。
    • パスモのWebサイトで会員登録すると残額や利用履歴、定期券購入情報などが参照できるサービス。
  8. オートチャージ機能
    • 残額が2,000円以下になると自動的に3,000円チャージする機能。

スケジュール

  • 2007年03月18日から発売開始

利用方法

  • 駅やバスの営業所で販売される。
  • 購入時にデポジット500円が必要となる。
  • 氏名や電話番号などを登録すると、再発行が可能となる。再発行には手数料500円を要する。
  • チャージは、券売機やバス車載器で可能。チャージ金額の上限は20,000円まで。

種類

以下の2種類が発行される。

  • 子供向けカードも用意された「記名PASMO」
  • 大人運賃だけ適用となる「無記名PASMO」

参考