Integral

松井孝治

略歴

以下の略歴は松井孝治氏の公式サイトから引用しました。

  • 1973年3月 京都市立日彰小学校(現高倉小学校)卒業
  • 1976年3月 洛星中学校卒業
  • 1979年3月 洛星高等学校卒業
  • 1983年3月 東京大学教養学部教養学科卒業(国際関係論専攻)
  • 1990年6月 米国ノースウエスタン大学 経営大学院卒業(経営学修士)
  • 1983年 通商産業省(現経済産業省)入省
  • 基礎産業局、産業政策局、通商政策局を経て
  • 1988年~1990年 米国留学(ノースウエスタン大学 経営大学院)
  • 1990年~1992年 通商政策局南アジア東欧課長補佐、同南東アジア大洋州課長補佐としてアジア太平洋経済協力(APEC)などを担当
  • 1992年~1994年 機械情報産業局電子機器課長補佐として日米半導体交渉

半導体競争力強化等を担当

  • 1994年~1996年 首相官邸へ出向。内閣官房内閣副参事官として首相演説原稿を執筆。首相官邸ホームページ立ち上げにも尽力。
  • 1996年 大臣官房総務課長補佐(法令審査委員)として通産省内政策調整を担当
  • 1996年~1998年 行政改革会議へ出向。調査員として中央省庁再編など行政改革の原案を作成。
  • 1998年~1900年 通産研究所括主任研究官兼研究体制整備室長として通産省の付属機関の通産研究所の独立行政法人化、機能強化を担当(現在の経済産業研究所に至る)
  • 2000年 政策研究大学院大学客員教授を兼任
  • 2000年10月 通商産業省及び政策研究大学院大学を辞職
  • 2000年12月 民主党京都府参議院選挙区第3総支部長就任
  • 2001年7月 参議院議員に初当選(1期)
  • 2006年6月30日現在 民主党参議院議員。

TOPIC

  • 2006年6月20日 村上世彰氏率いる村上ファンド関連会社から秘書給与の肩代わりを受けていたことを記者会見で認める。記者会見の内容は以下のとおり。
    • 本人と私設秘書2人が給与を受給していた。
    • 秘書2人が受け取った合計153万3900円については政治資金規正法に基づき修正報告する。
    • 議員辞職については、その考えはない。

関連サイト