Integral

毒餃子事件

以下のネタ元はネットゲリラさんですので、分かり易い説明を読みたい場合は、そちらへどうぞ。

真相とされる出来事

「農薬混入の発覚後、中国と日本の双方が行った実験内容に、日中両国の実態認識が現れている」と仮定すると、中国側が行った実験内容が農薬混入が起こった実態を表しているという見方ができる。

  • 日本の実験方法
    • 日本でも、中国での通常の使用形態でメタミドホスが混入するかどうかを実験していたが、その条件は、「中国からメタミドホスを1リットル輸入し、袋の外側に噴霧して袋内を高性能分子検出器で調査する」というもの。
    • 実験の判定基準は、「500袋に対してメタミドホスの噴霧を行い、それぞれ1時間後、12時間後、24時間後、48時間後に袋の内部からメタミドホスが検出されるかどうか」であったが、1袋も検出できなかった。
    • 更に精度の高い分子検出器で調査する予定はない。
  • 中国での実験方法
    • 実験内容は「20リットルのメタミドホスを入れた容器内に、袋を機械で沈めていき、浸透するかどうか」というもの。
    • 実験の判定基準は、「100袋沈めて1袋でも浸水してきたら浸透と判断とする」というものだったが、結果は2袋が浸水。
    • 破れていた箇所は袋と機械が当たる箇所で、機械との接触により敗れた可能性もある。

これにより、中国では餃子のパッケージについた虫を駆除するため、農薬入りのプールにパッケージを沈めるという方法を採っていたのではないか、との推測がなされている。(あくまで推測)

下図:実験の形態(下図の様に農薬プールにパッケージを押し入れて実験し、水圧と機械が触れたところから浸透)

    |
    |
    |  ←機械のアーム
      ■  ←パッケージ
----------------
メタミドホス溶液

仮説

以上は虫の駆除のために使っていたという仮説だが、袋に破れた所などが見つかっていないという日本の捜査陣の報告と反する。

  1. 冷凍食品の食材倉庫で虫が涌く。
  2. メタミドホスを水などで希釈し農薬タンク内に入れる。
  3. 工場内自体に虫が多いので、完成品に虫がつかないよう、農薬タンクにドボン。
  4. 100個単位でドボン→引き上げるというのが日常茶飯事に。
  5. その中のいくつかは勢いで破れる
  6. 破れたやつは破棄する
  7. 破棄し漏れたものが日本の家庭へ

~~DISCUSSION~~