Integral

船橋市

概略

道路事情

  • 船橋市は、東京のベッドタウンとして昭和に入ってから大勢の人が流入したため、小学校や中学校などの学校施設が極端に不足した。この対策として昭和40年代から昭和60年の間は船橋市の予算の殆どが学校施設などの建設に回されてきたため、そのしわ寄せとして予算が道路などの整備に回らず都市規模の割には道路整備が立ち遅れたという経緯がある。 【東京ベイ船橋ビビット2008より(文言は改変しています)】