Integral

Catch代替サービス

2013年8月にサービスを停止したCatchに変わるサービスをまとめてみた。

というわけで、取り敢えず、Quipを試してみることにする。

アプリケーション

Quip

    • FaceBookの元CTOがつくったというサービス
    • AndroidアプリはIntentによる共有に対応していない。m( これは痛い。
    • 記事を複数のセクションに分割できる。
    • セクションごとに個別に書式を設定するのが楽。
    • フォルダによる分類ができる。
    • Web画面では、IMEでは最初の一文字を入力できない。(英字直接入力は可能。一回入力すれば後はIMEで普通に漢字入力が可能)

Google Keep

  • タグ付けができない
  • インポート/エクスポートできない
  • 更新順には並び替えられない。(作成順のみ)
  • 動作は軽快
  • Googleの始めるサービスの35%は中止される(参考記事

Evernote

  • Catchよりはだいぶ動作が緩慢・重い、との評価

GNote

  • GMailに保存し同期するメモ

MobisleNotes

  • Catchからインポートできる
  • データが増えると動作が遅くなる

Simplenote

  • iPhone版しかない→×
  • Win,Mac,iOS,Androidのそれぞれにアプリケーションが用意されている

SpringPad

  • Catchからの移行ツールが用意されている
  • iOS、Android版両方存在する

クラウドメモ

  • GMailに保存し同期するメモ
  • 検索機能なし

DayOne (http://dayoneapp.com/)

  • iPhoneとMac間で同期ができる
  • UIが洗練されている
  • AppStoreの2012年ベストアプリの選出される
  • どちらかと言うと日記アプリ

DreamNote

UberNote

  • ウェブのスクラップ、TODOリスト作成に向いている

Draft

  • Androidアプリ(リンク
  • Dropboxとの連携機能がある

Webサービス

Wri.pe

  • Webアプリ(ブラウザベースのサービス)

番外編

SmartEver

  • iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 SmartEver - サクサク使える軽量Evernoteクライアント(リンク