Integral

Palm

Palm社(後にPalmSource社となり更に後Accessに買収される)が開発したPDA用のOSであるPalm OSを指す。又は、Palm OSを搭載するPDAやSmartPhoneを指す。

IBMのWorkPad50Jを友人から譲り受けて以降計4台のPalm OS搭載機を使用してきた。現在はCLIE PEG-NX80Vを使用しているがCLIE-NX80Vはカメラが壊れてしまい、キーボードの[K]キーが鈍くなってきており、後継機を調達しなければならないかなと考えている。 途中、W-ZERO3[es]なども使ってみたが、PIMのレスポンスが遅い(あくまでPalm OS機との比較上ですが)のが気になってしょうがない。

で、eXpansysで以前と比べれば比較的安く売っていた(本体のみ3,3000円+配送料2,500円)ので購入してしまった。(2008.04.30)

1週間程度使用した感触:

  • 小さい。
  • キーボードは小さいが、CLIE NX-80Vに比べると軽く押せて使いやすい。
  • 処理速度はCLIE NX-80Vよりかなり速い印象。
  • 5Wayキーで画面上の全てのGUI(ボタンやドロップダウンリスト)にフォーカスを移動できるので片手で完全に扱える点が、便利。

私の使用遍歴

因みに、私のPalm使用遍歴を晒すと以下の通り。W-ZERO3は通信環境に惹かれて購入。しかし使っているうちにPIMのレスポンスの悪さ(あくまでPalmとの比較上)に我慢ならず、Palm Centroを購入してしまった。 ・・・まぁ、我慢ならずという割にはW-ZERO3も3代は使い続けたんですが。

  • IBM WorkPad50J
  • SONY CLIE PEG-T650c
  • SONY CLIE PEG-TG50
  • SONY CLIE PEG-NX80V
  • Windows Mobileに浮気 (W-ZERO3 / W-ZERO3[es] / W-ZERO3 advanced ES)
  • Palm Centro (EU版) (2008.04.30~)

外国語機の日本語化

日本語化キット

以下の3通りの方法がある。

  • J-OS
  • JaPon
  • CJKOS (CJKはChinese/Japanese/Koreanの略か)

私はJaPonを選択。試用版では漢字の第二水準文字がインストールされていないため、「珈琲」などは文字化けする。

FEPの導入

  • ATOK for Palm をインストールするならJaPonより先にしなさい、とのこと。だがしかし、既に導入済みなら以下参照。

<box 90%|JaponとATOKの導入順序について> ATOKを先に入れるか、あるいは後から入れたい場合はShinheiさんという人の作った便利なアプリ、FEPsというPrefsの拡張アプリを使う。FEPsがお勧め。 http://busicli.cocolog-nifty.com/cfb/2005/04/palmatokfep.html http://www.geocities.jp/shmetrics/FEPs.html </box>

  • POBox for Palm はこちらから入手可能。現在の最新バージョンは 1.72i。解説記事はこの辺りが参考になりそう。

Windows Vista との同期

  • Windows VistaでのCLIEとPalmDesktopの同期
    • CLIE付属のPalm Desktopとその付属ドライバでは、Windows Vista上で正常にHotSyncができない。
    • こちらのサイト1)の方が一つの方法を提示してくれてます。m(_ _)m
    • 私もこの方法でCLIE NX-80VとWindows Vista上のOutlook 2003との同期が可能になりました。
  • Outlook 2007との同期

ネットワーク接続

PC経由でインターネットに接続する方法。 NNsi Wiki『2chへアクセス!』より。

  • mochaPPPを使う方法
    • シリアルI/F (RS-232C/COMポート)でPCと接続している場合は、mochaPPPを用いて、Palm機からインターネット接続ができる(らしい)。このソフトウェアはUSB I/Fには非対応、Bluetoothは動作するが非保証とのこと。mochaPPPは元々有償だったらしいが、現在は無償で提供されている。
  • 失敗例)

<box 80%|私の場合> Windows Vista 上でmochaPPPを動作させるが、Initializing 状態から先に進まず。 Bluetooth経由でのHotSyncは成功している。</box>

  • SoftickPPP
    • USB, Bluetooth/Serial I/FでPCと接続している場合には、Softick PPPを用いると、Palm機からインターネット接続ができる(らしい)。
    • 尚、Softick PPPは$24.95の有償ソフトウェア。

Windows MobileによるPalm OSのエミュレート

一時はこういうのにも期待はしたんですが・・・。

リンク

関連記事

Palmファンの方々

1) Windows Vista で Clie を使う方法:http://www.nanzan-u.ac.jp/~jino/homepage/vista_clie_1.htm