Integral

ららぽーと新三郷

沿革

  • JR東日本武蔵野線の新三郷駅(しんみさとえき)にあった武蔵野操車場跡地を利用。
  • 1986年(昭和61年) 武蔵野操車場が廃止。
  • 埼玉県、三郷市、吉川市、国鉄清算事業本部、都市再生機構、JR東日本の6関係者により土地再利用について検討し、武蔵野操車場跡地を含む新三郷駅周辺の約51haの敷地に商業施設や倉庫・レジャー施設・住宅などの開発をおこなうこととなった。
  • 2006年7月にコンペが行われ、三郷市側の商業区画の一部を三井不動産が落札。ららぽーと新三郷が建設されることとなった。
  • オープン時期は未発表。

情報源